出典:資源エネルギー庁 省エネポータルサイト 無理のない省エネ節約

省エネ行動と省エネ効果こうか

テレビを見ないときは消す。

液晶えきしょうの場合

1日1時間テレビ(32V型)を見る時間を短くした場合

年間で電気16.79kWhの省エネ、CO2削減量さくげんりょう8.2kg

450円の節約せつやく

画面は明るすぎないように。

液晶えきしょうの場合

テレビ(32V型)の画面がめんの明るさを最適さいてき最大さいだい中間ちゅうかん)にした場合

年間で電気27.10kWhの省エネ、CO2削減量さくげんりょう13.2kg

730円の節約せつやく

省エネレッスン

消すときは主電源しゅでんげんをOFFに。

リモコン待ち状態でも電力を消費しょうひしています。主電源しゅでんげんで消しましょう。旅行りょこうなど、長い間不在ふざいの時はプラグを抜くようにしましょう。

ゲームが終わったらテレビもOFF。

テレビゲーム機の電源でんげんを消すと、テレビ画面には何もうつっていないのでわすれがちですが、テレビの電源でんげんは入ったまま。必ずテレビの電源でんげんも切るように気をつけましょう。

明るさ調節ちょうせつする前に、画面の掃除そうじを。

テレビ画面は静電気せいでんきでホコリをせ付けやすいので、汚れやすいもの。一週間に一度くらいは掃除そうじをしましょう。

画面の設定せってい見直みなおそう。

映像えいぞうモードが選択せんたくできる機種きしゅは、標準ひょうじゅんモードや、リビングモードなどに設定せっていしましょう。画面を明るくくっきりと見せる「ダイナミックモード」などは、消費電力しょうひでんりょくが大きくなります。

省エネモードを活用しましょう。

機種きしゅによっては、自動で画面の明るさを調整したり、しばらく操作そうさしない場合に自動的に電源でんげんをオフにしたりする「省エネモード」の設定ができるものがあります。じょうずに活用しましょう。